TOKYO 2020

Curator statement by Anna Ida Orosz

Similarly to the attentive optician in the film ‘Sore Eyes for Infinity’, animation is a tool to correct our loss of vision, short- or farsightedness, and even blindness to the non-concrete, non-observable things. Being able to display a whole array of moods and genres, comic or tragic, bitter or delightful, absurd or dramatic, the following selection of the most recent top-shelf European animated short films convey the world’s inhabitants’ overly varied subjective experience of being, their inner struggles and troubled human relationships in utterly unique, curiously complex and highly metaphorical ways. Among the subjects which these short films engage the viewer in are the bizarre nature of love and care (’Mr. Mare’), the coming-of-age with an unconventional identity (’Purple-boy’), the ephemerality of memory (’Per tutta la vita’), a damaged father-daughter relationship (’Daughter’), or the inability to be a superhero in a society running amok (’The Rain’). Thanks to the exceptionally broad grammar of animation, the selected short films can take highly individual and surprising, yet universally intelligible forms. The selection contains both meticulously crafted films, such as the paint-on-glass animation ’The Bird & the Whale’, and also casually drawn shorts like ’Hello Kitty’, or ’Linzer Lust’.

PROGRAM

Mr. Mare ミスター メア

dir. Luca Tóth (HU) 2019 '19

Original Hungarian title: Lidérc úr

The film was made as a Hungarian-French co-production. The film was entirely made at Boddanim Studio in 11th district of Budapest, Hungary. This is only the second project made at the new studio – the previous was the short ‘The Fall of Rome’ by Balázs Turai, also produced by Boddah.

この映画はハンガリーとイタリアの共同制作作品で、ハンガリー・ブダペスト11区の「ボッダニム・スタジオ」で制作される。このスタジオは新しく、「ミスター メア」が二作品目であり、最初の作品はトゥライ・バラージュのショートアニメーション「ローマの崩壊」で、同じくBoddah(ボッダニム・スタジオの略称)で制作された。

Looking at an x-ray image a young handsome man is horrified to learn that the weird, tumor-like lump on his chest is the top of a tiny plump man`s head. Nested in his body, he is waiting to be born… ’Mr. Mare’ is a surreal animated chamber play, set in a ‘haunted’ claustrophobic space, in which we witness the dynamics of unrequited love as we follow the relationship of an oddly codependent pair.

若いハンサムな男性は自分の胸の腫瘍のような塊が、エックス線画像を見て小さな太った男の頭のてっぺんだと分かりぞっとしました。体の中に隠れていましたが、実は生まれる時を待っていたのでした。
「ミスター メア」は非現実的な閉所空間のストーリーであり、「幽霊が出そうな」窮屈な空間が舞台になっています。

私たちは、奇妙なペアの関係を追いながら、一方通行の愛のダイナミクスの証人になるでしょう。

Luca Tóth is a Hungarian animation director, born in 1989, Budapest. She studied animation at Moholy-Nagy University of Art and Design in Budapest. After receiving her BA diploma she went on studying at Royal College of Art for her Masters degree. Her graduation film ‘The Age of Curious’ won the Jury Distinction Prize at Annecy International Animated Film Festival. After studying and working in the UK, Luca moved back to Budapest where she made her first independent short film `Superbia` which premiered at Critics’ Week in Cannes in 2016 and got selected into more that 80 international festivals. Her latest film ‘Mr. Mare’ debuted at Berlinale in 2019.

トート・ルツァ
1989年ハンガリーの首都ブダペスト生まれのアニメーション監督。モホイ=ナジ芸術大学でアニメーションを学び、学士号(BA)取得後、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの修士課程で学ぶ。卒業制作作品「The
Age of Curious」はフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で審査員特別賞を受賞する。その後、イギリスでの勉強と仕事を終え、ハンガリーに帰国。帰国後最初の映画「Superbia」は2016年カンヌの批評家ウィークでプレミアを迎え、80以上のフェスティバルで選ばれる。彼女の最新作「ミスター メア」は、2019年のベルリン国際映画祭でデビューした。

Per tutta la vita 生涯ずっと

dir. Roberto Catani (IT) 2018 '5

Through a journey back in memory, a woman and a man retrace the more important moments of their love story.

記憶の旅を通して、ひと組の男女が自分たちの愛のストーリーを辿ります。

Roberto Catani (Jesi,1965) is an illustrator and animator. Since 1989 he has taught Animated Drawing at the Istituto Statale d’Arte, Urbino. He has been making animated films since 1995, for which he has obtained awards worldwide.

ロベルト・カターニ Roberto Catani 1965年イェージ(マルケ州)生まれ。イラストレーター、アニメーター。1989年よりウルビーノの国立美術学校Scuola del libroで教鞭を執っている。1995年よりアニメ作品を制作。世界中のさまざまな賞を受賞している。

The rain ザ レイン

dir. Piotr Milczarek (PL) 2019 '5

Original Polish title:Deszcz

The Rain is a simple animated film on collective consciousness. It talks about how no accountability for our actions pushes us to thoughtlessly follow the crowd, which may lead to a tragedy. The film also depicts a struggle of an individual with collective hypnosis and its consequences for both the individual and the crowd.

ザ レインは、集合意識を扱ったシンプルなアニメーションです。それは、私たちの行動に対する説明責任が、私たちを無意識に群衆へと加わることを促し、悲劇につながる可能性があるということについて示します。また、集団催眠を伴う個人の闘争と、個人と群衆の両方に対するその結果を描いています。

Piotr Milczarek (1977) was born and lives in Lodz. He studied animation and special effects at the Film School in Lodz, where he is currently working as an assistant. He has directed short films such as ‘The Comic Book,’ ‘The War of the Worlds,’ ‘Mr Mister’ and The Cockroach.” He has also cowritten the script for ‘Moonshine’ by Michał Poniedzielski, cooperated on the award-winning ‘Switeź’ by Kamil Pola (storyboard, artwork), as well as worked as an animator of Balbina Bruszewska’s ‘The City is Flowing’ and Magdalena Osińska’s ‘Little Joys.’ Otherwise, he creates storyboards for commercials.

ピオトル・ミルチャレクは1977年ポーランドのウッチ生まれ、現在もウッチ在住。 ウッチ映画大学でアニメーションを学び、現在は同学でアシスタントとして勤務。 監督を務めた映画は、「The Comic Book」「The War of the Worlds」 「Mr Mister」「The Cockroach」。 その他、ポーランドで活躍するアニメーション作品監督らに脚本の提供や アニメーターとしての協力もしている。宣伝素材(CM)も手がける。

Daughter 娘

dir. Daria Kashcheeva (CZ) 2019 '15

Original Czech title: Dcera

A girl who was hurt as a child keeps the memory of it alive. Having lacked love and empathy from her father in the past, she is not able to share her feelings with him. She can’t get rid of the painful memories taking her back to the day when she brought home a dead little bird and her father gave her no support. Sometimes it’s too hard to open your feelings and share it with a loved one. Sometimes it’s too late. Let your painful memory fly away like a free little bird.

病室の父に寄り添う娘に子どもの頃の記憶がよみがえります。それは、死んだ小鳥を見つけたある日のこと。父は悲しむ娘を抱きしめてやれず、それ以来、誤解が二人を隔てる壁となっていました。病室の窓に小鳥がぶつかってくる、その瞬間までは―。

Daria Kashcheeva studies animated film at FAMU in Prague. Her student films featured at many international festivals. Daria’s original To accept won the Nespresso Talents 2017 film comptition in Cannes. In Daughter, her Bachelor’s pupeet animation, Daria experiments with camera motion and explores the topic of father-daughter relationship. The project was pitched within the CEE Animation Forum 2018.

ダリア・カシュチェーヴァ プラハ芸術アカデミー映像学部でアニメーションを専攻。 国際的なアニメーションフェスティバルの数々に、大学で制作した作品がノミネートされる。『受け入れる(To Accept)』がカンヌのコンペティション「ネスプレッソ タレント 2017」で「INT AWARDS 2017」を受賞。 自身の卒業制作となるパペットアニメーション『娘(Daughter)』で、カシュチェーヴァはカメラの動きを駆使し、作品のテーマである父と娘の関係に迫った。この制作プロジェクトは「CEEアニメーションフォーラム2018」からスタートしたもので、第46回学生アカデミー賞アニメーション部門にて金メダルを受賞、第92回アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたほか、2019年度アヌシー国際アニメーション映画祭で「Cristal for a Graduation Film」賞と「Junior Jury Award for a Graduation Film」賞を受賞した。

Sore Eyes for Infinity

dir. Elli Vuorinen (FI) 2016 '12

An optician grows tired of seeing the world too clearly and understands her inevitable involvement in its faults.

メガネ屋は、世界がはっきりと見えすぎることに疲れてしまい、この世界で好ましくないことに関わってしまっていることを知ります。

Elli Vuorinen is an animation artist who lives and works in rural Finland. Her works often balance between surreal, delightful and disgusting. Although her approach is often humorous films deal with significant themes of melancholy, solitude and hope. Vuorinen’s style is versatile – blending of minimal and handcrafted, she creates works that are both playful and bold. Different animation techniques inspire her. Vuorinen’s farm studio allows her to work with everything between large scale stop motion, installations and 2D computer animation. She graduated as an Animation Director from Turku Arts Academy. Her five previous films have been shown at various festivals and won numerous awards.

エッリ・ヴオリネンは、フィンランドの田舎を拠点としながら創作活動をするアニメーション作家。彼女の作品はシュールで、愉快で、ちょっと嫌な感じというバランスがよく取れたものである。アプローチは、メランコリーで孤独、そして希望をテーマとしたユーモアたっぷりの映画でありながら、彼女のスタイルはミニマルと手作り加減とが混ざり合っていて多面的である。そうして、遊び心があって大胆な作品ができあがった。様々なアニメーション技法がインスピレーションとなっており、ヴィオリネン氏の農場にあるスタジオは大規模なストップモーション、インスタトレーション、そして2次元コンピューターアニメーションにおけるあらゆる作業を可能としている。アニメーションディレクターとしてトゥルク・アーツ・アカデミーを卒業。過去5作品は様々なフェスティバルで上映され、数々の賞を受賞した。

The Bird and the Whale 鳥とクジラ

dir. Carol Freeman (IE) 2018 '7

The Bird and the Whale is a story about a young whale struggling to find his voice. After straying too far from his family to explore a shipwreck, he discovers it’s sole survivor, a caged songbird. Together they struggle to survive lost at sea. The Bird & the Whale was created using a near obsolete form of animation – paint-on-glass. It was created in Dublin, Ireland by a small majority female team. In June 2018, Carol was awarded a Silver Screen award at the Young Director Awards at the Cannes Lions International Festival of Creativity.   

キャロル・フリーマン脚本・監督のアニメーション映画「鳥とクジラ(原題:The Bird and the Whale)」は、幼いクジラが自らの声を探す物語。家族とはぐれ、海をさまよっていたクジラが難破船を探検すると、船の唯一の生き残りに出会う。それは、かごに入った美しい声で鳴く1羽の鳥。クジラと鳥は、迷子になった者同士、共に生きるため必死にもがく。本作は、アニメーション業界で今ではあまり使われなくなった技法「ペイント・オン・グラス」を用い、女性を中心とした少人数のチームによってダブリンで制作された。キャロルは2018年、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにて若手監督賞を受賞。各コマは遅乾性油絵具で描かれ、調光室にてトップダウンビューのカメラで撮影された。撮影後は既存のコマを消し、新たに次のコマの下書きから始める。すなわち、新しいコマが描かれるたび、前のコマは跡形もなくなるのだ。

Carol is a co-founder of indie stop-motion studio Paper Panther, based in Dublin Ireland. She works in a broad range of experimental techniques from hand-painted work to classic stop-motion puppets. Her debut short film The Bird & the Whale has been celebrated at festivals worldwide winning over 45 awards to date. She is currently developing her first feature film.

キャロルは、アイルランド・ダブリンを拠点とするインディーズのストップ・モーションスタジオ「ペーパー・パンサー」の共同設立者。手描きの作品から伝統的なストップモーションの操り人形まで、実験的な技術を幅広く用いて制作活動をしている。デビュー作である短編映画『鳥とクジラ(原題:The Bird and the Whale)』は、これまでに世界中の映画祭で45以上の賞を受賞するなど、高い評価を受けている。現在は長編映画を制作中。

Purpleboy パープルボーイ

dir. Alexandre Siqueira (PT) 2019 '14

Oscar is a child germinating in his parents’ backyard. His body grows in the earth. No one knows his biological sex, but he wants to be a boy. One day, Oscar comes out of the ground and discovers his female body. Following this painfull discovery, will he get the recognition of his identity he desires so much?

オスカーは、両親の庭ですくすく育ちました。オスカーが男の子なのか女の子なのかは誰にもわかりませんが、本人は男の子だと主張する。ある日、オスカーは型通りに決められた世界を旅することとなり…。

Alexandre Siqueira, Portuguese animation director born in Rio de Janeiro in 1980. Since 1999 he develops and collaborates in several animated films projects. In 2010 he finished the animation filmmaking course at La Poudrière school, where he directed “Journey to the Sunflowers Fields”. Purpleboy is his latest animated short film.

アレシャンドレ・シケイラは1980年にブラジルのリオデジャネイロで生まれた。1999年からアニメーション映画の世界に入り、2010年に “Journey to the Sunflowers Fields(ひまわり畑への旅)」を制作してラ・プドリエール校でアニメーション映画製作コースを卒業した。最新作は「パープルボーイ」。

Hello Kitty ハローキティ

dir. Ji-yoon Lee (AU) 2019 '7

A young woman goes to Japan for half a year and leaves her cat behind in Vienna. But Ong-nyun won’t be having that. She packs her little kitty suitcase and heads off to Tokyo straightaway. Sometimes a cat’s gotta do what a cat’s gotta do.

若い女性が半年間日本へ行くことになり、ウィーンに愛猫のオンニョンを置いていくことに。でもオンニョンはそれをよしとせず、猫用カバンに荷物をつめて、まっすぐ東京に向かう。猫だってやるときはやるのです。

Ji-yoon Lee From 2010 till 2014 she studied biology at the Konkuk University in Seoul. 2015 she started to study painting and Animation at the University of applied Arts Vienna, Prof. Judith Eisler. She graduated with her film “Hello kitty” from University of Applied Art Vienna in 2019 and is living in Korea currently, specializes in Painting and Animation with particular interest in character design and illustration. Right now she is working at an animation studio in Korea.

イ・ジユン 2010年から2014年までソウルの建国大学で生物学を学ぶ。2015年よりウィーン応用美術大学でユーディット・アイスラー教授より絵画とアニメーションの指導を受け、2019年卒業。映像作品”Hello Kitty“は卒業制作。現在は韓国に住み、絵画とアニメを専門としている。現在は韓国のアニメーションスタジオで活動中。

Linz Delight リンツの楽しみ

dir. Maya Yonesho (AU) 2019 '3

Original title: Linzer Lust

Japanese artist Maya Yonesho visited Linz, the capital of Upper Austria, to explore the city’s character and specific atmosphere. Based on her impressions of the Old Cathedral, the Ars Electronica festival, Pöstlingberg mountain, Cafè Traxlmayr, the Tabakfabrik complex and much more besides she created one of her famous ‘thumb trips’.

日本のアーティスト米正万也が、オーバーエスタライヒの州都リンツの見どころやリンツらしい空気を求めて、旧大聖堂、アルス・エレクトロニカ、ペストリングベルクの丘、カフェ・トラクスルマイヤー、たばこ工場を訪れ、その印象を彼女の有名な「Daumenreise / 親指の旅」にまとめた作品。

Maya Yonesho Born in 1965 Hyogo, Japan. After working as an art teacher at a junior high school for several years, she returned to college to study Japanese painting and conceptual & media art at Kyoto City University of Arts and also worked for a children’s TV program as a clay animator. After receiving her MA of fine art (1998), she began making independent films and conducting various animation workshops. She has been a lecturer at several Art Universities since 2000.

米正万也 兵庫県生まれ。中学校美術科教諭として6年勤務したのち、大学に戻りコンセプチュアル・アート、メディアアート専攻で美術学士号取得。「言葉がわからなくても、わかりあえる」をテーマに手描きの絵やオブジェを組み合わせた抽象アニメーションを制作。2006年“Wiener Wuast”を自主制作、手描きの動画をウィーンの実際の風景の中で撮影した。この方法で、アートプロジェクト「Daumenreise親指の旅」を開始、22か国で35のワークショップを開催。2000年から京都精華大学で教鞭をとる。2014年からはドイツ・シュツットガルト在住。

Tricky Women is a unique festival, which is held in Vienna every year and focuses on female animation artists. We introduce two animation films related to Japan from Selection of this festival. Tricky Women

は、毎年ウィーンで開催されているユニークなアニメーションフェスティバルで、女性作家に焦点を当てています。Tricky Womenのセレクションから、日本に関連のある作品2本をご紹介します。